トップ > 滋賀 > 3月19日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

創業60周年祝い「大吟醸平次郎」 平和堂が開発

創業60周年を記念して開発した「平次郎」のサンプル=彦根市の平和堂で

写真

 平和堂(彦根市)は創業六十周年を記念して清酒「純米大吟醸 平次郎」を開発した。六千本の数量限定で、二十三日からグループの百四十九店舗で販売する。

 商品名は、創業者の故夏原平次郎さんに由来し、親しみやすさを込めた。これまでの感謝と、百周年へ続く第一歩として開発した。

 豊郷町の岡村本家が製造。県産の契約栽培米のみを使用した。手間をかけた「木艚(きぶね)袋搾り」で造り、飲み応えがありつつ、フルーティーな味わいに仕上がったという。

 ラベルは、同市平田町の日本酒ラウンジバー「Samurai girl(サムライガール)」店主の中村佳代さんがデザインした。七百二十ミリリットル入り二千五百八十円。

 (木造康博)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索