トップ > 滋賀 > 3月5日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

ゴンドラから救助 八幡山ロープウエーで訓練

ロープウエーのゴンドラを停止させて救助訓練をする関係者=近江八幡市宮内町で

写真

 近江八幡市宮内町の八幡山ロープウエー周辺で四日、地震災害を想定した救助訓練があった。ロープウエーを運営する近江鉄道と近江八幡消防署の合同訓練は十一年ぶりで、三十五人が参加した。

 地震でロープウエーのゴンドラが止まり、観光客が閉じ込められたと想定。山麓駅から五十メートルの地点でゴンドラを停止させ、地上十メートルのゴンドラから客をバケットに乗せて地上へ降ろした。

 けがで歩けない人に見立てた人形を、高さ十五メートルほどのゴンドラから担架に乗せ、地上に下ろす訓練もあった。

 八幡山ロープウエーの前河竜義支配人は「お客さまを安全に目的地に運ぶ仕事なので、有事にはきちっと救助する使命がある。消防署との連携は心強く、これからも続けていきたい」と話していた。

 (前嶋英則)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索