トップ > 滋賀

ここから本文

滋賀

写真

 1909(明治42)年に県北東部を震源に起き、県と隣の岐阜県で大きな被害があった姉川地震で、「死に至る灰が降る」といったデマが広がったことが公文書に記されていた。県庁(大津市)の県政史料室で24日まで開かれている特別展で紹介されている。(1月20日) 記事全文へ

[写真]

「全人類ノ滅亡」(赤線(1))、「天ヨリ灰」(同(2))といった記述がある公文書=赤線は加工=県庁で

 
写真
[写真]

ボールを使った練習をするMIOびわこ滋賀の選手たち=草津市西大路町のJフリーパークで

写真
[写真]

6代藩主の堀田正民が描いた「孤鷹撃雀図」=長浜市公園町の市長浜城歴史博物館で

 
写真
[写真]

ヨシ刈りをする参加者ら=草津市下物町の草津道の駅グリーンプラザからすまで

 
 

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索