• 中日新聞ウェブ
  • 中日新聞プラス

岐阜

民進・前原代表、県内へ 党出身2候補を応援

2017年10月19日 紙面から

 民進党の前原誠司代表が十八日、民進出身で希望の党から出馬した県内二候補の応援に駆けつけた。

 土岐市では、5区の元職候補と並びマイクを握った。森友学園や南スーダン国連平和維持活動(PKO)の日報隠蔽(いんぺい)問題、年金制度などに触れ「国権の最高機関でうそや情報隠蔽がまかり通れば、国民主権が崩れる。年金支給額は減り続け、格差は拡大するばかり」と声を張り上げた。

 下呂市では、前職候補の個人演説会で「希望の党は厳しい選挙になっているが、個人の力で互角に戦っている候補が政権交代の中心になる。当選していただき、新たな政党をつくる中核となってほしい」と前職候補にエールを送った。

 (篠塚辰徳、神谷慶)

主な政党の公約

新聞購読のご案内