• 中日新聞ウェブ
  • 中日新聞プラス

記事

早くも選挙モード

2017年2月23日 紙面から

 四月の名古屋市長選で、立候補を表明した前副市長で弁護士の岩城正光(まさてる)氏(62)に続き、現職の河村たかし市長(68)が二十二日に開会した市議会二月定例会で、正式に出馬を表明した。一騎打ちの見通しが強まり、さっそく街頭に繰り出した二人は、市民税減税の是非などそれぞれの主張を訴えた。

 河村氏は市議会本会議で「一円でも税金を安くして、日本で最高の福祉を提供していく」と三期目の市政運営に意欲を示した。その後、中区の大須商店街で演説し、市民税5%減税に関し「可処分所得を増やし、大須で買い物してもらう。日本中で名古屋だけですよ」と実績を強調した。

 本会議では、主要公約として半減していた市議報酬が昨年四月から増額されたことを念頭に「議会改革にも不断に取り組む」と宣言。岩城氏支援を決めた会派への対決姿勢を示した。河村氏は減税市議らに名古屋城の天守閣木造復元や、議会改革を柱とする公約づくりを指示しており、三月中旬ごろにまとめる予定だ。

 一方、岩城氏は早朝から星ケ丘バスターミナル前(千種区)を皮切りに、計四カ所で街頭演説。金山総合駅前では通行人に手を振りながら「5%一律減税は、金持ちにお金を返しているだけ」と見直しを主張。税金の有効な使い道として、小学校給食無料化や敬老パスの拡充、小学校トイレの洋式化などを目玉政策に挙げ「幸福度ナンバーワンの名古屋を目指し、市民の思いを実現する。共に新しい名古屋をつくりましょう」と支持を求めた。

 副市長として三年間、河村氏に仕えた経験を振り返り「自分のやりたいことだけを役人に丸投げしている。政策実行能力はゼロに等しい」と河村市政の刷新を訴えた。

 市長選は四月九日告示、二十三日に投開票される。

最新記事

記事一覧

なごや市長選新聞 なごや市長選新聞
新聞購読のご案内