静岡

当選2氏 票の重み胸に

2016年7月12日

写真

 参院選静岡選挙区で勝利した自民党現職の岩井茂樹さん(48)と民進党新人の平山佐知子さん(45)が十一日、それぞれ新たなスタートを切った。岩井さんは二期目への意欲をみなぎらせ、七十万票に迫る得票を獲得した平山さんは政界で即戦力を目指す。

◆自民・岩井さん 商店街活性化へ

再選のお礼と政策について話す岩井茂樹さん=JR静岡駅前で

写真

 七十五万票を得てトップ当選した岩井さんは午前八時すぎ、JR静岡駅前で街頭演説した。

 選挙戦で定番だった半袖とスラックスをスーツに変え、「一次産業や中心市街地、商店街の活性化を応援したい」と呼び掛けた。現職としての実績を基に防災や待機児童問題、保育士確保に取り組むと約束した。

 通り掛かりの男性に「おめでとう」と祝福されると小走りで駆け寄り「ありがとうございます」と手を握った。

 前回から二十万票近く上積みしての当選に「六年間の成果。これまで課題(解決)の種を植えてきた。次の六年間で収穫したい」と語った。演説中、偶然通り掛かった平山さんと会釈を交わす場面もあった。

(河野貴子)

◆民進・平山さん 格差是正に全力

街頭で笑顔で通勤客らにあいさつする平山佐知子さん=JR磐田駅前で

写真

 平山さんは午前七時半から、実家がある磐田市のJR磐田駅北口広場でマイクを握った。

 フリーアナウンサーとしての知名度を背景に、六十九万票余の支持を得たことに「(票の)重みをずっしりと感じている。一人一人の思いをしっかり受け止め、選挙戦を通して訴えてきた格差是正の問題にしっかり立ち向かう」と力を込め、乗降客らに笑顔で手を振った。

 この日の服装は、新たな気持ちでスタートしたいと、真っ白なブラウスとスカートに薄茶色のジャケット姿。報道陣からあらためて決意を問われ「身の引き締まる思い。一歩一歩着実に仕事をしていきたい」とフレッシュさをにじませた。

(高柳義久)

主な政党の公約

新聞購読のご案内