静岡

投票率上昇 55・76%

2016年7月11日

◆県内全43市区町で前回上回る

写真

 県選管が十一日未明に発表した参院選静岡選挙区の投票率は55・76%と、二〇一三年の前回参院選と比べ4・67ポイント増加した。〇七年からの連続減少にストップはかかったが、依然として四割超の有権者が棄権する結果となった。

 投票率は全四十三市区町で前回を上回り、上げ幅の最大は西伊豆町で7・46ポイント増えた。政令市では静岡市三区で5・06ポイント増の52・33%、浜松市七区で4・97ポイント増の57・60%だった。

 市区町別で投票率が最も高かったのは、前回に続き川根本町の71・94%。次いで松崎町の66・44%、浜松市天竜区の64・78%だった。最も低かったのは沼津市の51・01%で、富士市の51・25%、静岡市駿河区の51・28%と続いた。

 海外在住の日本人による投票率は0・54ポイント増の19・67%とほぼ横ばいだった。

◆静岡選挙区 市区町別投票率

写真

主な政党の公約

新聞購読のご案内