静岡

大学内で期日前投票 県内初、三島市選管が開設

2016年7月6日

日本大国際関係学部に設けられた期日前投票所で初めての投票をする高校生=三島市文教町で

写真

 三島市選管は五日、参院選で若者の投票率向上を狙って、日本大国際関係学部の三島駅北口校舎に期日前投票所を設けた。県内初の大学内期日前投票所で、日大の学生のほか、周辺の高校生も投票に訪れた。

 JR三島駅前の校舎一階には白い間仕切りで区切った投票所ができ、参院選の静岡選挙区と比例代表の投票箱一つずつを置いた。開設はこの日のみで、時間は午前八時半〜午後七時。学生以外の三島市民も投票できた。

 日大三島高校三年で野球部主将の今野勇斗さん(18)は、投票日は練習に集中するため部員四人で訪れた。初めての選挙で「少し大人の仲間入りできた気がする。スポーツ振興の政策を重視した」と話した。授業の合間に投票した日大二年の永沢彩さん(19)は「日本は若者が少なくて意見が反映されにくいので、私たちの一票で少しでも変われば」と選挙権行使に期待を込めた。

(山田晃史)

主な政党の公約

新聞購読のご案内