静岡

県選管初 高校で選挙啓発

2016年7月1日

◆日大三島高を訪問

選挙啓発キャラクター「めいすいくん」とふれあう生徒ら=三島市文教町で

写真

 県選管は三十日、三島市文教町の日本大三島高校で生徒らに参院選での投票を呼び掛けた。高校での選挙啓発活動は県内で初めて。

 校内の売店前に、県選管職員や学生ボランティアら十五人と、三島市の「みしまるくん」や選挙啓発の「めいすいくん」ら、ゆるキャラ三体が並んだ。投票日を知らせるのぼり旗を立て、昼食を買い求める生徒らにティッシュを配りながら投票を呼び掛けた。

 三年の相原梨果子さん(18)は「神奈川県湯河原町に住んでいるので、別荘通いをしていた前東京都知事の報道に関心がある。お金の問題がない人を選びたい」と話した。

 県選管によると、新たに有権者となる県内の十八歳と十九歳は六万九千七百四十七人。この日はJR三島駅前でも、五日に近くの日大国際関係学部三島駅北口校舎に期日前投票所を設置することをPRした。

(山田晃史)

主な政党の公約

新聞購読のご案内