静岡

初めての一票<5>

2016年6月27日

荒川 清哉さん 19歳(富士市)

◆防災に関心がある大学2年生

写真

 経済政策や憲法改正が争点だと言われますが、各党や候補者の具体的な考えがよく見えません。そもそも国の将来を変えるような大きな話には、実感がわかないのが正直なところです。「国のために」と政策を語る人ではなく、僕たちの生活に関わる地に足のついた議論をしている人を選ぼうと思っています。

 特に地域活性化の考えに注目しています。防災に関心があり、サークル活動で東日本大震災の被災地をまわり、災害時に身を守るのは地域の助け合いだと学びました。地域の疲弊は万が一の際の不安にもつながります。

 住民票は実家の掛川市にあるのですが、投票は国民の義務のようなもの。期日前投票を活用してでも選挙には行こうと思っています。

(小佐野慧太)

主な政党の公約

新聞購読のご案内