静岡

特定の候補や党派 知事「応援しない」

2016年6月25日

◆若者に「投票は重要」

 静岡県の川勝平太知事は二十四日の定例会見で七月十日投開票の参院選について「知事になって以来、特定の党派、個人を応援することはない。ノーサイド、オールサイドを一貫して堅持してきた」と述べ、特定候補や政党を支援しない姿勢を示した。

 知事は選挙権年齢が十八歳以上に引き下げられることを受け「よく分からないから投票に行かないと言うが、投票に行くことが極めて重要だ」と指摘。「投票後も動向を見て有言実行しているのか、目を養うのが重要だ」と訴えた。

主な政党の公約

新聞購読のご案内