静岡

選挙に行こう! 吉田町選管が新有権者へ手紙

2016年6月17日

宛名が書かれたシールを手紙に貼る選管職員=吉田町役場で

写真

 七月の参院選から選挙権年齢が十八歳以上に引き下げられるのを受け、吉田町選管は参院選から新たに有権者となる町民に対して手紙で投票を呼び掛ける。十六日には宛名を書いたシールを手紙に貼る作業があった。

 手紙は、吉田町の公式キャラクター「よし吉」と、明るい選挙推進協会(東京)のキャラクター「めいすいくん」が「家族で投票に行こう!」と呼び掛けるデザインで、「18歳の選挙はじまります」と添えた。

 一九九五年四月二十八日〜九八年七月十一日に生まれた九百三十四人が対象で、本人ではなく世帯主宛てに送る。選管担当者は「世帯主から本人に手紙を渡してもらい、家族間で選挙や政治について話すきっかけになれば」と期待する。

 選管職員三人が十六、十七日に宛名のシールを八百三十五枚に貼り、二十日に郵送する。

(佐野周平)

主な政党の公約

新聞購読のご案内