静岡

県警が選挙違反取締本部を設置

2016年6月3日

県警本部に設置された選挙違反取締本部の看板=2日

写真

 静岡県警は二日、六月二十二日公示、七月十日投開票を予定する参院選の違反取締本部を捜査二課と県内全二十七署に設置した。県警本部は、西川直哉本部長を筆頭に百三十八人体制で違反を摘発する。

 今回の選挙から選挙権年齢が十八歳以上となる。同課の吉住賢直次席は「違反が増える可能性があり、教育委員会などと連携して対応する。買収や公務員の地位利用などを厳しく取り締まりたい」と話す。

 同課によると、一日までの県内の警告は比例区でポスターの掲示違反など二件あった。前回の参院選では、警告が十五件、公務員の選挙運動など書類送検が二件あった。

主な政党の公約

新聞購読のご案内