静岡

藤本議員が達成感 2期12年、引退へ

2016年6月2日

 静岡選挙区での二期十二年の任期を終え、引退する民進党の藤本祐司さん(59)は、通常国会が閉会した一日の午後、議員会館自室で官庁職員から次々と別れのあいさつを受けた。

 「野党から始まり、三年後の参院選で民主が第一党になった。その後の政権交代で政務官になり、また野党に戻った。短期間にいろいろな経験をさせてもらった」と振り返る。自公と超党派で連携し、実質的に手掛けた観光立国推進基本法の成立に達成感を感じているという。

 任期は残りわずかだが、「参院選が終わるまでは党の企画広報局長を務める。これからが最も忙しい。全国の一人区(での戦い)が一番の課題だ」と戦略を練る。

主な政党の公約

新聞購読のご案内