静岡

18歳の考え届け 書道の筆も躍る 富士宮西高

2016年4月29日

◆市選管の啓発ポスターに標語大書

パフォーマンス書道で標語を大書する部員ら=富士宮市の富士宮西高で

写真

 今夏の参院選から選挙権年齢が十八歳以上に引き下げられるのを受け、富士宮市の富士宮西高校書道部は二十八日、投票を呼び掛ける標語をパフォーマンス書道で大書した。作品は市選管が今夏の参院選の啓発ポスターに使う。

 はかま姿の女子部員ら二十六人が部室に集まり、三年佐野寿花(じゅか)さん(18)、二年佐野愛永(まなえ)さん(16)が筆をとった。軽快な音楽に合わせ、縦一・五メートル、横一・八メートルの紙二枚にそれぞれ「18歳 未来のために 選挙へGo!」「届けよう あなたの声を 投票で」と書き上げた。

 寿花さんは「高校生になってからニュースを見るのが好きになった。自分の考えを社会に反映できるのがうれしい」と話した。

 若い世代に関心を持ってもらおうと、市選管がパフォーマンス書道の盛んな西高に制作を依頼。参院選の期日前投票期間、作品をそのまま市役所の投票所に掲示する。 

(小佐野慧太)

主な政党の公約

新聞購読のご案内