静岡

鈴木望氏が出馬表明 「浜岡廃炉」を主張

2016年3月30日

 前衆院議員で元磐田市長の鈴木望氏(66)=磐田市=は二十九日、静岡県庁で記者会見し、おおさか維新の会公認候補として夏の参院選に全国比例で立候補する意向を正式に表明した。鈴木氏は「地域、地元の課題を国の仕組み、制度を直して解決したい」と抱負を述べた。

 中部電力浜岡原発(御前崎市)については「廃炉とし、最新鋭の火力発電所と廃炉技術研究所を建設し地域を振興させる」と話した。二〇一二年の衆院選で旧日本維新の会から静岡3区に出馬し、比例復活で初当選しており、今回は同区で選挙活動を行う。鈴木氏は一九九八〜〇九年に磐田市長を務めた。一四年の衆院選は維新の党から比例九州ブロックに出馬し、落選した。

主な政党の公約

新聞購読のご案内