静岡

18歳は有権者、投票を 区選管が出前授業

2016年1月16日

◆浜松大平台高生 選挙制度学ぶ

選挙制度について話を聞く生徒たち=浜松市西区の浜松大平台高で

写真

 選挙権年齢の十八歳以上への引き下げを前に、浜松大平台高校(浜松市西区)で十五日、区選管の出前授業があり、生徒たちが選挙制度を学んだ。

 次の参院選で一部が選挙権を得る二年生百六十二人を対象に開催。区選管の担当者が選挙の流れや投票所、投票用紙について説明した。

 また、最近の選挙は二十〜三十代の投票率が他の世代と比べて低い状況もグラフを使って示した。最後に、選挙権を得たら投票に行くよう呼び掛けた。

 授業後、渥美晴彬さんは「政治のことを分かった上で選挙に行きたい」、田村萌夏さんは「当日に行けなくても期日前投票を利用したい」と感想を話した。

 同校では二十九日に一年生も同様の授業を受ける。 

(渡辺聖子)

主な政党の公約

新聞購読のご案内