トップ > 長野 > 2月7日の記事一覧 > 記事

ここから本文

長野

高遠高生をジオパークガイドに認定 伊那エリアを案内

模擬ガイドの発表をする高校生=伊那市役所で

写真

 「南アルプス(中央構造線エリア)ジオパーク」の伊那市部分を案内する「ジオパークガイド」の認定式が六日、同市役所であり、同市の高遠高校生十三人が認定を受けた。

 ジオパークは、特徴的な地質資源などがある自然公園で南アルプスは飯田市、伊那市、大鹿村、富士見町にかかる地域。ジオパーク協議会が養成講座修了者をガイドに認定している。今回認定されたのはいずれも「地域の科学」を選択した二年生で、昨春から座学や屋外での学習を重ねた。式では協議会長の白鳥孝市長から認定証を受け取った。

 高校生たちは模擬ガイドとして五グループに分かれ学習成果も披露した。中央構造線の特徴などをスライドなどを使って説明。途中でクイズも出題し、会場とやりとりしながら進めた。

 ガイド認定者はこれで計百五十二人(うち高遠高校生七十三人)になった。

 (阿部雅之)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索