トップ > 長野 > 12月25日の記事一覧 > 記事

ここから本文

長野

年末年始、巫女で一役 穂高神社でアルバイト研修会

受け渡しの練習をする参加者ら=安曇野市の穂高神社で

写真

 三十一日から来年一月十四日まで巫女(みこ)を務めるアルバイトの研修会が二十四日、安曇野市穂高の穂高神社で行われた。

 同市や松本市などの高校生や大学生、社会人の計二十七人のうち、二十六人が参加。白衣と緋袴(ひばかま)を着て研修を行った。最初に拝殿に参拝し、参集殿で巫女としての心構えを確認。その後、社殿や社務所で、お札やお守りを手渡す際の作法や言葉遣いを習いながら参加者同士で実践練習も行った。

 松本深志高校三年の青柳春佳さん(18)は「参拝に来られた方にすてきな一年を送っていただけるよう、言葉遣いや作法に気を付けて対応したい」と話した。

 (北村祥之)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索