トップ > 長野 > 11月9日の記事一覧 > 記事

ここから本文

長野

晩秋の彩り鮮やか 根羽・小戸名渓谷、紅葉が終盤

岩と川、紅葉の競演が人気の小戸名渓谷=根羽村で

写真

 紅葉の名所として知られる根羽村の小戸名(おどな)渓谷で、木々の色づきが終盤を迎えている。谷が入り組み、大岸壁や岩肌の奇岩・怪石がつくり出す渓谷は、写真愛好家をはじめとする観光客に人気。村によると、天気次第だが、紅葉は来週いっぱい楽しめる。

 渓谷を流れる矢作川は、同村の茶臼山を源流とする清流。紅葉の色は黄や赤など場所ごとに異なるが、岩を乗り越えてドウドウと流れる水音が響き、一帯には自然の美しさと力強さがみなぎる。矢作川に沿って旧道があり、景観を間近に楽しめる。

 (石川才子)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索