トップ > 長野 > 11月8日の記事一覧 > 記事

ここから本文

長野

日本のチロル、紅葉ピーク 飯田「下栗の里」

薄日で輝きを増す、下栗の里を囲むように色づいた山々の紅葉=飯田市上村で

写真

 傾斜地の美しい農村風景から「日本のチロル」として知られる飯田市上村の「下栗の里」を囲む木々の紅葉がピークを迎えている。

 駐車場から整備された山道を二十分ほど歩き展望台に到着した時は、霧のため景色は真っ白。だが、優しい風が谷間を埋め尽くす霧を少しずつ押し流し、くねくねとした道や小さな家屋が姿を現した。太陽が辺りを照らすと、美しく輝く紅葉がじゅうたんのように埋め尽くす里山が見えた。

 景色に見とれ、シャッターを切っていると澄んだ空気と寒さで冬の訪れを感じた。紅葉は今週末まで見頃が続く。 

 (野村和宏)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索