トップ > 長野 > 11月6日の記事一覧 > 記事

ここから本文

長野

アニメの世界に魅了 飯田で「丘フェス」

アニメやゲームのキャラクターに扮して会場を練り歩くコスプレーヤーたち

写真

中央通りには、名車や旧車、アニメやゲームのキャラクターなどを描いた「痛車」がずらりと並んだ

写真

 サブカルチャーやご当地グルメが集結する「第十二回飯田丘のまちフェスティバル」(中日新聞社など後援)が三日、飯田市中心市街地であった。VR(仮想現実)と連動した自動運転の実証実験のほか、二百五十余りのブースが出店。秋空の下、市街地は多くの来場者で活気にあふれた。 

 自動車の車体にアニメやゲームのキャラクターを描いた「痛車(いたしゃ)」や旧車の展示、フィギュアなどの販売、路上アートなど多彩な催しが開かれた。メインステージでは、フェスキャラクター「ナミキちゃん」の声を担当する声優高木美佑さん(22)や同市出身のアイドル「こずりん」によるライブがあり、ファンと一体となって会場を盛り上げた。

 来場者は五平餅や焼き肉など飯田下伊那地域のグルメも堪能。県内の酒蔵が一堂に会する「南信州酒メッセ」では、九十種類ほどの清酒などを飲み比べ、つまみを片手に会話に花を咲かせていた。

 コスプレーヤーたちが一斉に会場を練り歩くと、他の来場者から熱い視線を浴びていた。アニメキャラに扮(ふん)した伊那市の女子大学生(19)は「いろいろなキャラクターのコスプレが見られる貴重な場所。写真もたくさん撮ってもらえるのでうれしい」と声を弾ませた。

 (牧野良実)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索