トップ > 長野 > 9月13日の記事一覧 > 記事

ここから本文

長野

風疹流行に注意 1週間で県内5人の感染確認

 県は十二日、九日までの一週間に県内で二十〜四十代男女五人が風疹に感染したと発表した。二〇一四〜一七年は年間感染者数が一〜四人で、県保健・疾病対策課の担当者は「大流行となる恐れがある」と注意を促している。

 同課によると、松本保健所管内で三十〜四十代の男性四人、伊那保健所管内で二十代女性一人の感染が確認された。県内の今年の感染者数は七人で、このうち少なくとも三人は予防接種を受けたことがなかった。

 風疹は妊娠初期の妊婦が感染すると、子どもに難聴などの障害を引き起こす原因となる。予防接種を二回受けていれば防げるとして、担当者は「特に妊婦の家族は、予防接種歴などの確認をして感染を防いでほしい」と呼び掛ける。

 (渡辺陽太郎)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索