トップ > 長野 > 9月6日の記事一覧 > 記事

ここから本文

長野

伊那の呉本さん、有言実行の「金」 アジア大会パラグライディング競技

アジア大会で獲得した金メダルを白鳥市長に見せる呉本さん(左)=伊那市役所で

写真

 インドネシアでのアジア大会パラグライディング競技で金メダルに輝いた伊那市の呉本圭樹さん(40)が四日、市役所を訪れ「『金を取る』と宣言していたのでほっとしました」と白鳥孝市長に喜びを語った。

 呉本さんは「クロスカントリー団体男子」の五選手の一人として八月二十五〜二十九日に連日、数十キロの距離を飛び続けた。決められた空域を通って目的地までの速さを競う種目で、五人のうち得点が高い四人の合計点を毎日積み重ねていき、優勝を争う。二位はネパール、三位は地元インドネシアだった。

 「有言実行ですね」と白鳥市長にねぎらいの言葉を掛けられ、呉本さんは「来春、市内にパラグライダースクールを開校するので箔(はく)が付きました。経験を伝えて選手を育てるとともに、伊那にワールドカップ(W杯)も誘致できれば」と話していた。

 (阿部雅之)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索