トップ > 長野 > 9月2日の記事一覧 > 記事

ここから本文

長野

個性光る新作花火 諏訪湖で全国競技大会

経済産業大臣賞を受賞した菊屋小幡花火店の「里山の忘れ柿」=諏訪市の諏訪湖畔で

写真

 県内外の花火師が技と独創性を競い合う「第三十六回全国新作花火競技大会」が一日、諏訪市の諏訪湖畔で開かれ、斬新な大輪の花が晩夏の夜空を彩った。

 県内を中心に愛知、福島、岡山など十二県から花火師二十五人が参加。それぞれが「雪の結晶」「ダンシング・スター」などと題名を付け、自ら選曲した音楽に乗せて十号玉二発と三号玉十発を打ち上げ、独自の世界を表現した。

 最高の経済産業大臣賞には、菊屋小幡花火店(群馬県)の小幡知明さんの作品「里山の忘れ柿」が選ばれた。

 開幕と同時に雨も上がり、競技の合間のスターマインと合わせ、計一万八千発が打ち上げられた。湖畔には二十五万人の見物客が詰め掛け、諏訪湖の花火イベントを締めくくる光と音の芸術を楽しんだ。

 (中沢稔之、野村和宏)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索