トップ > 長野 > 8月25日の記事一覧 > 記事

ここから本文

長野

ヤマトや999、宇宙の旅へ 富士見町で松本零士さん企画展

松本零士さんの代表作のシルクスクリーンなどが展示された会場=富士見町の高原のミュージアムで

写真

 一九七〇年代に一大ブームを巻き起こした「宇宙戦艦ヤマト」などで知られる漫画家松本零士さんの直筆原稿などを展示した企画展「松本零士 銀河の世界展」が、富士見町の高原のミュージアムで開かれている。九月十七日まで。

 宇宙戦艦ヤマトをはじめ「銀河鉄道999(スリーナイン)」「宇宙海賊キャプテンハーロック」など、壮大な宇宙を舞台にした代表作のセル画やシルクスクリーン、ポスターなどの資料約四十点を集めた。直筆原稿は、機械の体を手に入れる旅に出た少年・星野鉄郎と謎の美女メーテルの冒険を描いた銀河鉄道999の十一点を展示している。会場の一角では、松本さんの制作風景を収めたビデオを上映。メーテルの衣装を着て記念撮影するコーナーも設けた。

 「999」にちなみ、九百九十九人目の来館者には松本さんのサイン色紙をプレゼントする。二十二日には「ハーロック」の語呂合わせで八百六十九人目の来館者に贈った。同館の小穴咲穂館長は「松本さんの作品を見たことない人も楽しめる企画展なので、ぜひ親子連れで訪れてほしい」と話している。

 入館料一般三百円、小中学生百五十円。開館は午前九時半から午後五時半(月曜休館)。(問)高原のミュージアム=0266(62)7930

 (中沢稔之)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索