トップ > 長野 > 6月14日の記事一覧 > 記事

ここから本文

長野

高森町にリニア軌道製造施設 JRと協定

 高森町とJR東海は十三日、リニア中央新幹線のガイドウェイ(軌道)関連施設について、造成工事に向けた基本協定を結んだ。

 施設は、ガイドウェイを製造、一時保管する作業場として使う。協定書によると、予定地は同町下市田河原にある下市田工業団地の北側六・七ヘクタール。町は測量や造成工事、JR側が設計を担い、費用は同社が全額負担する。町が地権者と土地賃貸借契約を結んで同社に貸し、開業予定の二〇二七年度以降も使用する場合は、町とJRで協議する。

 今後、年内に測量調査を実施し、一九年から設計、二〇年から造成工事に入る予定。用地測量や地質調査など具体的な事業を進める際は、その都度、協定を締結して期間や費用負担などを決めるとしている。

 ガイドウェイ製造・保管ヤードを巡っては、喬木村も今年三月に同様の基本協定を結んでいる。

 (牧野良実)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索