トップ > 長野 > 6月13日の記事一覧 > 記事

ここから本文

長野

ウツボグサ、かれんに咲く 飯田で見頃

青紫色の花びらがかわいらしいウツボグサ=飯田市の野底山森林公園で

写真

 青紫色の小さな花びらがかわいらしい「ウツボグサ」が、飯田市上郷黒田の野底山森林公園で見頃を迎えている。

 ウツボグサは、武士が弓矢を入れるために使っていた靫(うつぼ)に形が似ていることからその名がついている。茎の先端に松ぼっくりのような花穂があり、その周りに青紫色の小さな花びらがつく。

 同園管理人の中野悦子さん(58)によると、今月初めごろに花が咲き始め、園内の数カ所で確認できる。花が咲いてから一週間ほどで散ってしまうため、今月中旬ごろまでが見頃。中野さんは「山の宝を間近で見ることができるので、ぜひ見に来てください」と来園を呼び掛けている。 

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索