トップ > 長野 > 6月13日の記事一覧 > 記事

ここから本文

長野

中川村の県道で斜面崩落

斜面が崩れ、土砂が流出した県道=中川村の県道松川インター大鹿線で

写真

 十二日午後二時半ごろ、中川村の県道松川インター大鹿線で土砂が崩れていると地区の道路を維持管理する松川町の会社から県飯田建設事務所に連絡があった。同建設事務所によると、道路沿いの斜面が高さ約十二メートル、幅約十メートルにわたって崩れ、道路上に四十二立方メートルほどの土砂が流出した。巻き込まれた車やけが人はいない。

 崩落現場周辺の六・七キロの区間は、同日午後三時から全面通行止めになっている。この県道では、リニア中央新幹線関連の工事が行われているが、崩落現場と工事の場所が離れていることから、同建設事務所はリニア工事との関連はなく、斜面を覆っていたモルタルの経年劣化などが原因とみて調べている。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索