トップ > 長野 > 5月17日の記事一覧 > 記事

ここから本文

長野

森の花畑、クリンソウ見頃 喬木村

見ごろを迎え、色鮮やかな花を咲かせるクリンソウ=喬木村の九十九谷森林公園で

写真

 喬木村の九十九谷(くじゅうくたに)森林公園でクリンソウが見頃を迎え、ピンクや赤、黄色など約5万株の花が鮮やかに咲き誇っている。

 クリンソウはサクラソウ科の多年草で湿地で良く育つ。花が植えられた約7000平方メートルを整備する地元有志でつくる「くりん草愛好会」の賜洋子(たもうひろこ)会長(73)によると、例年より1週間ほど早い5月上旬に開花した。見頃は今月末ごろまで。

 一帯を流れるせせらぎが響く中、訪れた人たちは、木道を散策したり、愛らしい花を撮影したりして楽しんでいた。

 家族3人で訪れた飯田市の主婦竹本美紀さんは「かわいらしい花で、さらさらと心地よい水の音の中、癒やされました」と笑顔を見せた。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索