トップ > 長野 > 4月14日の記事一覧 > 記事

ここから本文

長野

関電「トロバス」今季限り 立山黒部アルペンルート、15日開通 

最後の運行を記念したラッピングを車体に施したトロリーバス=関西電力提供

写真

 北アルプスを貫いて大町市と富山市を結ぶ立山黒部アルペンルートが十五日、全線開通する。半世紀余りの歴史がある関電トンネルトロリーバスの運行は今季で最後。黒部ダム(富山県立山町)では、建設の苦闘を描いた石原裕次郎さん主演の映画「黒部の太陽」の上映五十周年を記念し、撮影セットの複製が公開される。関西電力は大町市などと協力して十一月三十日まで節目を記念した事業を繰り広げる。

 トロリーバスは上部に設置された電線から電力を取り入れて動き、自動車ではなく鉄道の一種。関電トンネルでは関電が十五台運行し、大町市の扇沢駅から黒部ダム駅までの六・一キロを十六分で結ぶ。

 一九六四年八月に運行を始め、累計六千万人以上が乗車。「トロバス」の愛称で親しまれた。電線に頼らない電気バスに切り替えるため、今季を最後に廃止される。電気料や維持管理の費用などを抑える狙いがある。

 トロリーバスは立山黒部貫光(富山市)がアルペンルートの立山トンネル(室堂−大観峰)でも運行。来季からは、国内で運行する唯一の区間となる。

 映画「黒部の太陽」の撮影セットの複製は、難工事で知られる破砕帯の現場への大町側の入り口などを再現し、高さ約三・三メートル、幅約四・四メートル、奥行き約六メートル。「関電トンネル工事」の看板が掛かり、土のうが積まれるなど困難な工事をほうふつとさせる。黒部ダム新展望広場に設置された。

 黒部ダムを観光資源とする大町市や関電などが旧・石原裕次郎記念館(北海道小樽市)から譲り受けた。

黒部ダム周辺に設置された映画「黒部の太陽」の撮影セットの複製=富山県立山町の黒部ダムで(関西電力提供)

写真

 関電はトロリーバスの最後の運行を記念し、三種類の車両の写真をあしらった記念乗車券を順次、発売。八月上−中旬に、大町市の中心街や扇沢駅、黒部ダム駅で、映画にまつわる品々を展示する。

 (問)関西電力黒四管理事務所=0261(22)0800

 (林啓太)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索