トップ > 長野 > 1月4日の記事一覧 > 記事

ここから本文

長野

「自覚忘れず社会に貢献」 高森、一足早い成人式に130人

旧友との再会を喜び、記念撮影する新成人たち=高森町の町民体育館で

写真

 八日の成人の日より一足早く高森町の成人式が三日、町福祉センターであった。新成人百五十七人のうち約百三十人が出席し、大人への第一歩となる門出を祝った。

 式典で熊谷元尋町長は「これからは平たんな道ばかりではないが、夢や目標に向かって一歩一歩進んでいくことを期待している」と激励。新成人を代表して埼玉県の城西大二年高橋海征さん(20)=同町牛牧出身=が「成人としての自覚を忘れず、社会に貢献していきたい」と、誓いの言葉を述べた。

 振り袖やスーツ姿に身を包んだ新成人たちは、旧友との再会を喜び、思い出話に花を咲かせた。町民体育館では記念撮影も楽しんでいた。

 飯田市内の会社に勤める斉藤智人さん(20)は「営業の仕事は笑顔が大事なので、優しい大人になりたいです」と決意を新たにした。

 (牧野良実)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索