トップ > 長野 > 12月23日の記事一覧 > 記事

ここから本文

長野

スーパーあずさ新型車両がデビュー 機能性や快適性、こだわりつまる

特急「スーパーあずさ」に新しく導入されるE353系=JR松本駅で

写真

 松本と東京都内を結ぶJR中央線の特急「スーパーあずさ」の新型車両E353系が、二十三日から運行を開始する。

 スーパーあずさの新型車両導入は二十四年ぶり。あずさの伝統を引き継ぎながらも、機能性や快適性にこだわったデザインに仕上げた。

 当面は十二両編成三本で一日に四往復し、来年三月十七日のダイヤ改正以降は、全てのスーパーあずさを新型車両に切り替える。

 JR東日本長野支社の伏田忠広・運輸部長は「前回車両を一新してから多くの技術の進歩があり、新型車両にはいろいろな新技術を投入した。スーパーあずさの伝統を継承しつつ、未来への躍動感を感じてもらえたら」と話している。

 (水田百合子、野村和宏)

座席背面に設置され、大型化された普通車のテーブル

写真

一部の車両に設けられた荷物置場。スキー板も置けるようになっている

写真
 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索