トップ > 長野 > 11月3日の記事一覧 > 記事

ここから本文

長野

モミジのトンネル5・8キロ 箕輪ダム沿いの県道

見頃を迎え、燃えるような赤色に染まるモミジ=箕輪町で

写真

 箕輪町の「もみじ湖」周辺で、モミジの紅葉が見頃を迎え、鮮やかな赤やオレンジのグラデーションを堪能できる。

 箕輪ダムに沿って走る県道諏訪箕輪線の五・八キロに約一万本のモミジが並ぶ。並木の終点にある末広広場周辺では、紅葉したモミジがつくるトンネル散歩も楽しめる。

 訪れた人たちは、葉を触ったり、写真撮影や散策をしたりしていた。塩尻市から友人と写真撮影に訪れた会社員の溝口和美さん(27)は、「友人から聞いて初めて訪れた。モミジが連なる道は圧巻」と話した。

 四日は、もみじ湖夢まつり(同実行委員会など)が予定され、南信地域で取れた農産物の軽トラ市や工作体験などがある。

 モミジは今月中旬まで楽しめそう。十二日まで、一部がライトアップされる。

 (野村和宏)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索