トップ > 長野 > 10月4日の記事一覧 > 記事

ここから本文

長野

教委職員自殺、教育長を罷免へ 木島平村、議案提出

 木島平村教委の五十代男性職員が七月に自殺し、内堀幸夫村教育長(62)の行きすぎた指導が原因になった可能性があるとして、日台正博村長が二日開会の村議会臨時会に、内堀教育長の罷免に同意を求める議案を提出した。村議会は審議のため特別委を設置。秘密会で審議し十二日に議案を採決する見通し。

 村によると、村は自殺を受けて関係者に聞き取り調査をした。その結果、三月ごろに内堀教育長が男性職員の担当していた事業について「この内容ではとても決裁できない」などと厳しく指導し、職員が悩みを募らせていたことが判明した。

 村は遺族に謝罪。村の担当者は「自殺の原因の全てが指導によるものかは分からない。遺族が処分を求めており、罷免を判断した」としている。

 内堀氏は村出身の元県職員で、県立歴史館長などを務めた。退職後の昨年十月に村教育長に就いた。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

選挙関連の記事は

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索