トップ > 長野 > 10月2日の記事一覧 > 記事

ここから本文

長野

初出場の日本ウェルネスが優勝 北信越高校野球県大会

好投した日本ウェルネスの高山投手=県営上田球場で

写真

 秋の北信越高校野球県大会の決勝が一日、県営上田球場であり、県大会初出場の日本ウェルネスが佐久長聖を破り、創部一年半で初の優勝を果たした。三位決定戦は松商学園が長野日大に勝利した。日本ウェルネスと佐久長聖、松商学園の三校は、十四日に福井県内で開幕する北信越大会に県代表として出場する。大会の成績は、来春の選抜大会出場校の重要な参考となる。

◆先発高山好投、リード許さず

 日本ウェルネスが、地区予選からすべての試合で先発を務めた高山蓮投手の好投で、佐久長聖に一度もリードを許すことなく逃げ切った。

 日本ウェルネスは初回、四番赤羽由紘選手の左中間適時打で先制。三回にもスクイズなどで二点を追加した。

 高山投手は九回1死まで1失点の好投を続けていたが、佐久長聖の二番真銅龍平選手の打球が利き腕の右腕を直撃、無念の交代となった。マウンドを託された市川竜巳選手は今大会初登板。1死満塁、一塁走者がかえればサヨナラの場面で三、四番を見事に抑え、ベンチの期待に応えた。

 佐久長聖は十一安打の猛攻で、再三得点圏に走者を進めたが、あと一本が出なかった。

 (高橋信)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

選挙関連の記事は

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索