トップ > 長野 > 6月19日の記事一覧 > 記事

ここから本文

長野

目指すは藤井四段 伊那谷アマ将棋頭戦

写真

 「第九回伊那谷アマ将棋頭(がしら)戦」(日本将棋連盟上伊那支部主催、中日新聞社後援)が十八日、伊那市中央の中央区公民館で開かれ、南信地域のアマチュア棋士ら三十五人が参加した=写真。

 有段者、級位者、小学生の部に分かれて対局した。小学生を中心に参加が昨年よりも十人以上増え、同支部の中村忠雄支部長(73)は「中学生棋士の藤井聡太四段の影響が大きい」と喜んだ。

 将棋を始めて四カ月の駒ケ根市赤穂東小学校五年の神野進之助君(10)は「いろいろな戦い方ができるようになってきた。藤井四段のように強くなりたい」と熱中していた。

 (岩田忠士)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索