トップ > 長野 > 5月20日の記事一覧 > 記事

ここから本文

長野

アツモリソウ咲いた 上伊那農高生が人工増殖成功

生徒らが人工増殖し、花を咲かせたアツモリソウ=南箕輪村の上伊那農業高校で

写真

 絶滅の危機にあるアツモリソウを守ろうと、十年前から研究を続ける南箕輪村の上伊那農業高校で、人工増殖した苗に初めて花が咲いた。研究に取り組むバイテク(バイオテクノロジー)班の生徒らは「自分たちで花を咲かせられた。自信になる」と喜んでいる。

 アツモリソウはラン科の多年草で、袋の形をした紫やピンクの花が咲く。乱獲やシカの食害などで野生数は激減し、県版レッドリストで絶滅危惧1A類に指定されている。

 同校では二〇〇七年、保護活動に取り組む市内の男性から種を譲り受け、研究を開始。種が非常に育ちにくいアツモリソウを無菌培養し、フラスコの中で苗に葉が開くまで育てる技術を確立させた。苗はその後、土に移すと枯れる例が多く、生徒らは花を咲かせることを目標に研究に取り組んできた。

 今月三日、顧問の有賀美保子教諭(40)が、十年前から育てる苗につぼみを発見。「うれしくて飛び上がった。人工増殖の苗は五〜七年で花が咲くとされ、諦めかけていた」と振り返る。室内で育てていた苗は、今年から新たに設けたライトで光を当て、わずかな肥料を与えていた。

 花は十六日に咲き始め、十八日に開花。生徒らは、つぼみや花の写真を何枚も撮影して喜んだ。三年の西條雄真班長(18)は「アツモリソウは育てるのが難しく、花が咲いて本当に驚いた」と話した。

 同校は昨年度から、県の認定を受け、自生地の一つである美ケ原高原(松本市など)での保全活動を開始。野生種の種を学校に持ち帰り、人工増殖に取り組んでいる。西條班長は「美ケ原のアツモリソウは品種が異なるけれど、同じように花を咲かせたい。今回の開花でそのイメージができたことは大きい」と意欲を燃やす。

 (岩田忠士)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索