トップ > 長野 > 4月8日の記事一覧 > 記事

ここから本文

長野

織田軍の高遠城攻め、「一夜の城」でない? 伊那の遺跡に空堀 

「一夜の城」の空堀跡を示す浜学芸員=伊那市で

写真

 戦国時代に織田信長軍が高遠城(現伊那市高遠町)を攻めるため、一夜で築いた本陣との伝説がある同市富県貝沼の遺跡「一夜の城(じょう)」の本年度発掘調査説明会が七日、現地であった。二〇一二年度調査で見つかった空堀が別の場所でも見つかったことから、市教育委員会は「一夜で築いたのでなく、地域の有力者の居館を使った」という見方の裏付けとなったとしている。

 遺跡は、五十メートル四方が土塁で囲まれている。一二年度調査で北、西、南の土塁の周りに堀が見つかったのを受け、今回は東側を発掘し、同様に深さ二・七メートル、幅八・五メートルの空堀跡が見つかった。堀は初めV字型で、後に広くU字にしたらしい。

 市教委は前回(1)一夜で築いたなら、堀を造ったと考えられない(2)高遠攻めより百五十年以上前のつぼなどが出土した−ことなどから、織田軍が既存の建物を使ったと考察。今回、それがあらためて確認できたという。

写真

 一夜の城は、信長の長男信忠が一五八二(天正十)年、武田勢を討つため伊那谷に来て、一時的な陣城(じんじろ)を構えたと伝えられる。信長の一代記「信長公記」にも、貝沼に陣を構えた記述がある。市創造館の浜慎一学芸員は「土豪の屋敷を接収するなどしたのではないか」と話す。

 浜学芸員によると、近くで縄文土器や平安時代遺構も見つかっていることから、遺跡の対象範囲を広げたい考え。そうした中で一帯の調査が進み、織田軍の遺物が出土すれば、陣を構えたことを示す史料になるのではないかという。

 (近藤隆尚)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索