トップ > 長野 > 3月17日の記事一覧 > 記事

ここから本文

長野

伊那小沢駅のカンザクラ、見頃に

見頃を迎え淡いピンク色の花を咲かすカンザクラ=天龍村のJR飯田線伊那小沢駅で

写真

 天龍村平岡のJR飯田線伊那小沢駅周辺にあるカンザクラが見頃を迎え、信州に春の訪れを告げている。

 一九三六(昭和十一)年に同駅の開業を記念して三本のカンザクラが植えられた。その後、植樹が続けられ、現在は十本ほどある。県に最も早く春を告げる桜とされている。

 今年は二月二十四日に開花宣言。村役場によると、昨年は大雪で生育が今ひとつだったが、今年は天候にも恵まれ、淡いピンクに色づき、例年より大きな花を咲かせた。周辺に植えられている河津桜なども少しずつ開花し始めている。

 見頃は例年通りで、三月末ごろまで楽しむことができる。 

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索