トップ > 長野 > 3月6日の記事一覧 > 記事

ここから本文

長野

古民家に厳かな音色 伊那・旧井沢家住宅で雅楽

古民家に柔らかな音色が響いた雅楽演奏会=伊那市の旧井沢家住宅で

写真

 伊那市西町の旧伊那部宿にある旧井沢家住宅(市有形文化財)で五日、雅楽演奏会が開かれた。古民家に響く穏やかな音色を、約八十人が楽しんだ。

 この日は、しょう、しちりき、龍笛(りゅうてき)などを五人が演奏した。二部構成で第一部は「平調音取(ひょうじょうのねとり)」「越殿楽(えてんらく)」などを演奏、第二部では雅楽や楽器の解説があった。

 着物姿で訪れる人もいて、演奏とあいまって、会場は柔らかでゆったりした和の雰囲気で包まれた。

 来場者に伊那市のイメージキャラクター「イーナちゃん」をデザインした玩具が配布されたほか、和風の小物の展示もあった。

 演奏会は、地元の地域づくり団体「伊那部宿を考える会」と、「南信きものオフ」が、ひな祭りの時期に合わせ開いている。四年目。

 (近藤隆尚)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索