トップ > 長野 > 1月12日の記事一覧 > 記事

ここから本文

長野

諏訪湖の釜口水門の情報満載 管理事務所がカード配布中

写真

 県諏訪建設事務所は、諏訪湖の釜口水門の機能を掲載した「水門カード」=写真=を作製し、岡谷市の釜口水門管理事務所で十一日、希望者に配布を始めた。国交省などが二〇〇七年度から発行している「ダムカード」の一種。収集家も多く、同事務所には初日から県内外のおよそ八十人がカードを求めて訪れた。

 県は二十カ所の県営ダムでカードを発行しているが、水門は今回が初めて。表面は釜口水門の写真で、裏面に水門の型式や規模、構造、漁業者が天竜川と諏訪湖を往来するために設けた「舟通し」などについて記載。花火大会などの観光情報も載せた。

 五千枚作製し、来訪者一人につき一枚配る。初日は配布が始まってすぐに群馬県のダムカード収集家の男性が訪れた。「横浜市の親戚に頼まれてもらいに来た」と話す男性の姿も見られた。

 北原真樹・釜口水門管理係長は「事務所には資料室も開設しているので、カードをきっかけに訪れ、釜口水門の役割を知ってほしい」と話している。

 カードは土日祝日を含め午前九時〜午後五時に配布する。

 (中沢稔之)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索