トップ > 動画ニュース > CHUNICHI Webのおすすめ > 記事

ここから本文

動画ニュース

北斎の“大だるま絵”再現 本願寺名古屋別院

北斎の“大だるま絵”再現

写真

 200年前の名古屋で人気浮世絵師・葛飾北斎が120畳大の紙に巨大だるま絵を即興で描いたイベントが11月23日、当時も会場となった本願寺名古屋別院(西別院、名古屋市中区)で再現された。

 来年で開創300年を迎える西別院の記念事業。北斎は1817(文化14)年、名古屋に半年以上滞在。旧暦10月5日に同別院で、達磨(だるま)大師像を即興で描く公開の催しを開いた。愛知県立芸術大で文化財絵画の模写制作チームを束ねる日本画家の藤田哲也さん(39)らが、当時の記録を手がかりに、巨大なだるま絵を描いた。

 絵は、筆入れから乾燥の作業まで、およそ5時間ほどで完成。引き上げられ公開されると集まった観客から拍手が湧いた。

【映像】名古屋市中区の本願寺名古屋別院で(田中康介撮影)

 

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索