トップ > 動画ニュース > ニュース > 記事

ここから本文

動画ニュース

北アルプス山中墜落の小型機を回収

北アルプス山中墜落の小型機を回収

写真

 富山県の北アルプス山中に6月、小型機が墜落し搭乗の4人が死亡した事故で、機体を所有する新中央航空(茨城県龍ケ崎市)は7日、現場で機体の回収作業を再開、約四キロ離れた富山県立山町の駐車場までヘリコプターで運んだ。

 機体がある獅子岳(2714メートル)南東の標高約2千メートルの斜面で6日から作業を始めていた。主翼や胴体、エンジンなどを梱包(こんぽう)して、ヘリでつり上げた。

 新中央航空によると、富山県警が事故後に撮影した写真などから、現場付近で数十点の部品を確認していたが、雪解けなどで所在が分からなくなったものも多いという。機体は、トラックで龍ケ崎市の自社格納庫に移して保管。県警や運輸安全委員会が事故原因を詳しく調べる。作業に立ち会った運輸安全委の日野和男航空事故調査官は「雪上を滑った痕跡を確認できず、原因調査のハンディになるが仕方ない。機体の詳細なチェックなど情報を集めて分析したい」と話した。(文・中日新聞夕刊)

【映像】7月7日、富山県の北アルプス山中で(航空部・山本真史撮影)

 

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索