トップ > 動画ニュース > ニュース > 記事

ここから本文

動画ニュース

名古屋空港にオスプレイ 5機が初着陸

名古屋空港にオスプレイ

写真

 5月20日午後2時から4時ごろにかけ、愛知県営名古屋空港(豊山町)に新型輸送機オスプレイ5機が相次いで着陸した。民間機や自衛隊機の発着の間を縫うようにそろい、航空自衛隊小牧基地の格納庫前に整然と並んだ。飛来を知る人は少なく、空港周辺に混乱はなかった。同空港にオスプレイが着陸するのは初めて。

 飛来に際し、愛知県には19日夜に防衛省から情報が入った。ただ外務省の見解として「セキュリティー上の理由で話してもらっては困る」と要請があり、公表はしなかった。防衛省東海防衛支局から県などへの説明によると、オスプレイを含む米軍機は20日から27日まで名古屋空港を利用し、サミット関連の輸送目的で飛来する。

 防衛支局から説明を受けた春日井市や小牧市は地元町内会や議員らにオスプレイの離着陸を連絡したが、「サミットのための一時的な飛来で、配備されるという話ではない。市民への周知は考えていない」(春日井市)としている。

 名古屋空港では、5機のオスプレイはいずれも西側上空から現れ、滑走路北側から進入して着陸、格納庫前まで誘導された。

 20日午前には、大統領専用ヘリ2機も輸送機で空輸され、普段は空自機が並ぶ格納庫前は様相が一変。空港に隣接する公園ではオスプレイを写真に収める人もいた。

 一方、防衛省は、各国首脳の空路での移動に備えて三重県志摩市の志摩スペイン村駐車場に設けたヘリポートでヘリの離着陸訓練を実施している。

 各国首脳は愛知県常滑市の中部国際空港(セントレア)に到着後、荒天時以外は陸上自衛隊のヘリなどでスペイン村駐車場に移動し、車に乗り換えて約6キロ離れた会場に向かう計画。荒天時は陸路で移動する。

 防衛省統合幕僚監部によると、訓練はサミット直前まで繰り返す。陸自の大型輸送ヘリCH47など約20機を投入する。 (中日新聞朝刊)

【映像】5月20日午後、愛知県営名古屋空港で(航空部・清水兼二撮影)

 

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索