トップ > 動画ニュース > ニュース > 記事

ここから本文

動画ニュース

箱根山、小規模噴火か 警戒レベル3に引き上げ

箱根山、警戒レベル3に引き上げ

写真

 気象庁は6月30日、神奈川県の箱根山で、ごく小規模な噴火が発生したとみられると発表し、火口周辺警報を出して、噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から3(入山規制)に引き上げた。最後の噴火は12世紀後半〜13世紀。

 気象庁は、引き続き小規模な噴火の恐れがあるとして、大涌谷の火口域から700メートル程度の範囲で大きな噴石への警戒を呼び掛けている。箱根町は同日、大涌谷の半径1キロに避難指示区域を広げ、住民ら約30人に避難を呼び掛けた。

 政府は同日午後、関係省庁による災害警戒会議を開いた。

 気象庁によると、箱根山では29日に、マグマや熱水の移動を示すとされる火山性微動を観測。30日には周辺で、震度3〜1の体に感じる地震や火山性地震が相次いだ。火山性微動や震度3の発生は、火山活動が高まってから初めてだった。

 30日には現地を調査し、29日にできた大涌谷の新たな噴気孔周辺で、堆積している火山灰を確認した。近くの箱根ロープウェイ大涌谷駅でも降灰があったという。

 箱根山では4月下旬以降に火山活動が高まり、気象庁は5月6日に火口周辺警報を出し、レベル1から2に引き上げていた。

 震度3の地震は午前6時56分と同10時32分ごろ、箱根町湯本で起きた。いずれも震源はごく浅く、マグニチュード(M)は3・3と3・2だった。震度2と1の地震も午前6時4分ごろから相次いだ。 (文・中日新聞夕刊)

【映像】神奈川県箱根町で、本社ヘリ「あさづる」から(航空部・市川泰次)

 

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索