トップ > 動画ニュース > ニュース > 記事

ここから本文

動画ニュース

ソーラー機、再び旅路へ 1ヵ月ぶり名古屋空港を出発

ソーラー機、再び旅路へ

写真

 太陽エネルギーだけの世界一周飛行に挑戦中の1人乗りプロペラ飛行機「ソーラー・インパルス2」が6月29日未明、愛知県営名古屋空港(同県豊山町)から米ハワイに向けて出発した。順調に飛行できれば、5日程度で到着する見込み。

 午前3時すぎ、機体はプロペラ音を響かせながら、ゆっくりと滑走路を走り、離陸した。真っ暗な夜空に光る機体が飛び立つと、支援するスタッフらは大きな歓声で見送った。空港周辺では、熱心な飛行機ファンが離陸を見届けた。

 ソーラー機はスイスの団体が開発し、3月にアラブ首長国連邦(UAE)の首都アブダビを出発。インド、ミャンマーなどを経て中国・南京に到着。5月31日に南京を離陸してハワイに向かう途中、太平洋上の悪天候を避けるため、名古屋空港に今月1日夜に急きょ着陸。機体の一部不具合を修理し、天候回復を待っていた。

 24日未明に出発直前まで準備したが、ハワイ上空の天候悪化で一度延期していた。スイス人操縦士アンドレ・ボルシュベルグさん(62)は同日、記者団に「新しい技術が試されるときが来た」と意気込みを語っていた。

 ハワイからは北米大陸を経て大西洋を渡り、南欧か北アフリカを経由して8月ごろのアブダビ到着を目指す。

 機体は、主翼の端から端までがジャンボ機より長い72メートル。名古屋空港に降り立ったときには、ライトが主翼に並んで夜空に浮かぶ姿が未確認飛行物体(UFO)を連想させ、話題になった。 (文・中日新聞夕刊)

【映像】愛知県豊山町の県営名古屋空港で(航空部・野嵜博司撮影)

 

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索