トップ > 動画ニュース > ニュース > 記事

ここから本文

動画ニュース

箱根山、小噴火の恐れ 警戒レベル2に

箱根・大涌谷周辺で水蒸気噴火の恐れ

写真

 気象庁は5月6日、箱根山(神奈川県箱根町)の大涌谷(おおわくだに)周辺で、水蒸気爆発による小規模な噴火が発生する恐れがあるとして噴火警報を発表し、噴火警戒レベルを1(平常)から2(火口周辺規制)に引き上げた。噴火した場合は大きな噴石への警戒が必要とし、風下でも火山灰や小さな噴石への注意を呼び掛けた。

 箱根町は6日、大涌谷から半径300メートルに避難指示を出し、既に規制していたハイキングコースに加え、大涌谷へ向かう県道も通行止めにした。ロープウエーも運転を見合わせ、バスはルートを変更した。

 宿泊施設への温泉供給設備も避難指示の範囲に入ったが、7日に、箱根町から許可を得た業者が保守点検のため立ち入りしたほか、箱根温泉旅館協同組合と町が対策を協議。小中学校は通常通り授業を実施した。

 気象庁によると、箱根山は2009年3月から警戒レベルが運用され、引き上げは初。5日の火山性地震は観測データがある01年以降で最多の116回を記録した。

 このうち3回は体に感じる震度1で、午前6時台の2回は地表に近い場所が震源。一方、午後9時台の1回は深さ約5キロと山の内部が震源で、その上部で熱水の状態が不安定化し、水蒸気噴火が起きる可能性がある。

 箱根山の火山性地震は4月26日から増加傾向となり、5月2〜4日は35回前後で推移した後、5日早朝から急増。6日に記者会見した気象庁の北川貞之火山課長は「5日夜の地震は震源が深く、規模が大きい。それ以前と明らかに違うことが起きた。ステージが変わった」と説明した。

 火山活動が高まっている根拠としては、火山性地震の活発化、山体の膨張を示す観測データ、大涌谷での激しい蒸気噴出を挙げた。蒸気の噴出は6日も上空から確認。マグマ活動の活発化は兆候がないとしている。

 箱根山は、地質調査で12世紀後半から13世紀ごろに大涌谷付近で噴火があったとみられるが、その後の記録はない。01年に神奈川県小田原市で震度2を観測した際は、約4カ月にわたり地震や地殻変動が継続。北川課長は、今回の火山活動について「01年と同様になると考えた」と述べた。 (文・中日新聞夕刊)

 

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索