トップ > 三重 > 2月4日の記事一覧 > 記事

ここから本文

三重

華やか狐の嫁入り道中 四日市の海山道神社で厄よけ行事

福豆を投げる狐の嫁役と婿役=四日市市の海山道神社で

写真

 節分の三日、「日本一ほほえましい」ともいわれる厄よけ行事「狐(きつね)の嫁入り道中」が、四日市市の海山道(みやまど)神社であった。厄年の氏子男女がキツネの面と尾を付けて新郎新婦役を演じ、厄払いをした。

 神社が奉るキツネの婚礼を再現し、節分の恒例行事として戦後から続いている。新郎新婦は紋付きはかまと打ち掛けを装い、氏子四十人に率いられて神社の周りを練り歩いた。

 境内の特設舞台に上がり、仲人役の男性による「コーンコーンコーン」という鳴き声で結婚式が始まった。三三九度の杯を交わした後、二人が福豆の入った袋をまくと、参拝客が手を伸ばして取り合った。

 新婦役の同市海山道町、高校二年池田香奈子さん(17)は「緊張したけれど、多くの人の助けがあって経験できた。華やかで一度体験してみたかった」、新郎役の同市馳出、卸売業嶋耕二さん(59)は「面で前が見えにくかったが貴重な経験。今後も健康で頑張って働きたい」と願いを込めた。

 (高島碧)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索