トップ > 三重 > 1月11日の記事一覧 > 記事

ここから本文

三重

冬彩るロウバイ見頃 鳥羽・丸興山庫蔵寺

見頃を迎えたロウバイ=鳥羽市河内町の庫蔵寺で

写真

 鳥羽市河内町の丸興山庫蔵寺(がんこうざんこぞうじ)でロウバイの花が見頃を迎え、参拝客らを楽しませている。

 樹齢30年程度のロウバイは、濃い黄色の花、甘酸っぱい香りが特徴の品種「満月」。全国真珠養殖連合会が20年ほど前に記念植樹し、高さ約3メートルに成長した。

 ロウバイは元日ごろに開花が始まり、今月末まで楽しめるという。矢野隆淳住職は「今年は発色が良く、香りも強い。多くの人に楽しんでほしい」と話している。境内では、樹齢350年ほどの寒紅梅も濃いピンクの花を咲かせている。

 丸山(288メートル)の山頂近くにある庫蔵寺は826年創建とされる。現在の本堂は1561年に建立され、国重要文化財に指定されている。

 (西山和宏)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索